新製品のお知らせ

配管例 | エコキュートの原理Hybrid Eco Heat System の特長こんな施設におすすめです

Hybrid Eco Heat System - ハイブリッドエコヒートシステム

高効率のヒートポンプ給湯機と、燃焼機の温水ヒータの2種類の熱源機を組合わせることで、両者のメリットを活かして高効率運転を可能とするシステムです。

Hybrid Eco Heat Systemなら省エネ・安心!

配管例

図:配管例

エコキュートの原理

図:エコキュートの原理

  • ファンで大気を吸込み、空気熱交換器で冷媒に大気の熱をとりこみます。
  • 熱をもらった冷媒は圧縮機で圧縮され、さらに高温になります。
  • 高温になった冷媒を水冷媒熱交換器に通し、水に熱を伝えてお湯をつくります。
  • 熱を渡して低温になった冷媒は、膨張弁で更に低温になり、寒い大気からでも熱を吸収しやすい状態で、再び空気熱交換器に送られます。

Hybrid Eco Heat System の特長

湯切れの心配がない
エコキュートで貯めたお湯が残り少なくなると、瞬発力が自慢の温水ヒータが強力にバックアップ。温水ヒータが稼動するのは貯湯量が30%以下になったときだけ。無駄な沸かし上げをせず経済的です。
貯湯槽を小型化できます
全てのお湯を夜間に沸かす必要がないため、エコキュートだけの時に比べ貯湯槽を小型化できます。
手軽にコストダウン
既設の温水ヒータにエコキュートを組み合わせるだけでランニングコストをさげることができます。
また、導入時のイニシャルコストも小さく済みます。
高効率
COP4.2を実現(ARHK-15AH/定格・中間期)。エコキュートをメインに稼動させるのでランニングコストが低減します。温水ヒータの運転時間が短くなり、CO2の排出量も削減できます。
環境にやさしい自然冷媒(CO2)を採用
オゾン層破壊係数 : ゼロ
地球温暖化係数  : 1 (フロン系冷媒の1/1700)

こんな施設におすすめです

季節や曜日により負荷の変動が大きい施設
ベースとなる負荷部分をエコキュートが賄い、負荷変動部分は温水ヒータがバックアップ。
既設の貯湯槽容量が大きい施設
1日の中でエコキュートの運転時間を長くし、温水ヒータの運転時間を短くすることにより、ランニングコストの低減が図れます。
大型電気温水器をご使用の施設
電気ヒータによる加熱方式をエコキュートに変えるだけで、大幅なデマンドの低減とランニングコストの削減が可能です。

ゴルフ場

ゴルフ場

旅館

旅館

ホテル

ホテル

スイミングクラブ

スイミングクラブ

スポーツジム

スポーツジム

病院

病院

老人福祉施設

老人福祉施設

寮